前へ
次へ

春の柔らかな日差しを感じたら日焼け止め塗布開始です

色とりどりの花が咲きほこり日差しも暖かくなる春を迎えると、誰もが心が躍るような楽しい気分になります。
寒さ厳しい冬を通り越して、外の景色は色鮮やかになり、お出かけやファッションも楽しくなるシーズンの到来です。
そんな春のうららかな日差しを肌で感じるようになったら、女子は美白対策として、日焼け止めクリームの塗布を開始します。
年間を通して日焼け止めクリームは市販されていますが、使うのは夏の時期だけで良いと考えるかもしれません。
確かに真夏の日差しはたいへん強烈ですから、7月や8月にはUVカット対策は必須です。
でも日差しの強さは真夏に限ったことではなく、実は春の時期からすでに日差しは強くなっています。
まだ真夏ほどではありませんので、SPFの数値も低くて構いません。
低い数値で肌負担も少ない、低刺激の日焼け止めクリームを春から使い始めることで、無駄に肌にシミを作るようなことにはならないです。
夏になり海や山へ行くならSPF50を選ぶことはありますが、春ならまだ数値は15や20で構いません。

Page Top